【PR】色彩検定 UC(色のユニバーサルデザイン)級

投稿:公益社団法人色彩検定協会  
カテゴリー:スポンサー
1 通報 ウォッチ

色彩検定 UC(色のユニバーサルデザイン)級

色彩検定 UC(色のユニバーサルデザイン)級』は「全ての人が色覚の多様性について正しい知識を持ち、配慮をすることができる」社会の実現に向けて、2018年に新設されました。

 

「特定の色の組み合わせが判別しにくい」人が、日本人男性の約20人に1人、⼥性の約500人に1人、日本全体でおよそ300万人存在するといわれています。このような人たちにとっては、一⾒わかり易く色分けされている鉄道の路線図や、危険を知らせるサイン、電源のON/OFFを⽰すパイロットランプなどが同じような色に⾒えてしまう場合があります。また、白内障等の眼の⽼眼によっても見え方は変化し、区別できない色が増えるといわれています。

 

例として挙げた図は台風による被害の状況を示した災害マップです。被害があった場所が目立つように赤い×印を付けています。しかし1型色覚(赤色を感じる細胞の働きが弱い、または欠損している)や2型色覚(緑色を感じる細胞の働きが弱い、または欠損している)の人にとっては緑の山と赤い×印が似たような色に見え、被害の状況が見辛くなっています。

これは一般的な色覚の人にとっては、言われないとわからないことでしょう。近年、ユニバーサルデザインの概念が普及していますが、色覚の多様性を意識した色のユニバーサルデザインはまだまだ普及しているとは言い難いのも、そのためかもしれません。


UC級で学習すること

実務においては、例えばWEB関係や建築、出版業界、製造業など、色によって何かを判断する製作物に携わる方々であれば「見分けにくい色の組み合わせ」がある事を知っておくことが大切です。さらに、製作物にはそのような色の組み合わせを使わない事、「だれもが見分けやすい色の組み合わせ」とすることが求められます。また、医療・福祉・教育関連のお仕事に従事する皆様を始め、様々な方が正しい知識を持つことで、より良い社会になると期待しています。

 

色彩検定では、まず色覚の多様性について正しい知識を持つことが配慮につながると考え、色の見える仕組みや、色覚特性による色の見え方の違い、高齢者の色の見え方などを学習します。さらに、実用的な内容として、色使いにおいて気を付ける点や改善点なども取り扱います。

UC級特設サイト

https://www.aft.or.jp/feature/uc.html

コメント

    まだありません。

    関連するサークル・部活

    サークルが多すぎて迷う・・・そんなあなたにはコチラ!



    ※掲載されている新歓情報は最新でない場合がございます。詳しくは各団体のSNS等でご確認ください。